TTT FOOTBALL ACADEMYは「子供たちに高水準の技術的能力を身に付けさせること」が重要だと考えます。プロのサッカー選手になることだけを最終目的とするのではなく、年齢、レベルに応じた楽しく親しみやすい練習やゲームを行う中で、サッカーを最大限に楽しみながら高い技術を育成することで、子供たちが目指すさまざまな夢や目標の実現を目指すスクールです。


アカデミーディレクターである元Jリーガーの市原充喜 (イチハラ ミツキ)は、アカデミー名でもある「TECHNIQUE(技術)」「THINK(考える)」「TRY(挑戦する)」3つの「T」をモットーに、子供たちの成長を総合的に促すようなトレーニング・プログラムの考案を行なっています。



 

アカデミーディレクター

市原 充喜 Mitsuki Ichihara (いちはら みつき)


地元千葉で幼児からサッカーを始め、高校を卒業と同時にJリーグ「ジェフユナイテッド千葉」に入団し、 銀河系軍団と言われた世界の強豪レアルマドリードとの親善試合にも出場。イビチャ・オシム(元JEF千葉監督・ 元日本代表監督)の指導の元U-18.U-20と年代別日本代表にも選出される。その後、海外へ活動の場を移し、 Man of THE Matchを獲得するなど活躍。2012年にプロサッカー選手を引退し、JFA公認指導者ライセンスやキッズリーダーライセンス、 キッズコーディネーションマスターの資格を取得。2014年度からT3スクールマスターに就任。トム・バ イヤーの哲学や指導法を修得する。現在は、TTT FOOTBALL ACADEMYディレクターとして現役時代に複数のポジションをこなした経験と、独自のメソッドに基づいて、考えながら走るサッカーの経験を子供たちへ「夢」と一緒に伝えている。



 

コーチ

大久保 翔 Sho Ohkubo (おおくぼ しょう)


千葉県出身でエステレーラSC、ルキナス印西と地域のクラブからJEF千葉ユースに加入。法政大学に進学し、 2010年から3年間の浦安SC(現ブリオベッカ浦安)では現在T3スクールマスターの市原 充喜と同じチームでプレーしつつ、 社会人千葉県1部リーグ時には、チームNo.1の得点数で昇格へ貢献したストライカー。国体成年男子千葉県代表にも選出される活躍。 下部組織の指導や浦安市周辺の子供たちを対象にサッカー教室も行い、キッズ年代〜ユース年代までの幅広い経験を活かし指導にあたる。



 

コーチ/GKコーチ

野崎 祥平 (Shohei Nozaki)


緑山SC(東京)でジュニア、ジュニアユースとユースからは浦安JSC、2009年にトップチーム昇格し、浦安SC(現ブリオベッカ浦安)時代には、市原充喜と同じチームで、ゴールキーパーとして関東リーグ昇格に貢献。 その後、早稲田ユナイテッドへ移籍し、正ゴールキーパーとして活躍。 自らプレーしつつ下部組織の指導をし、2012年〜2014年では緑山SC(ジュニアユース)ゴールキーパーコーチとして専門指導をおこなう。 専門的ポジションからの視点で、ゴールキーパーコーチとしても指導をしている。